皆さんこんにちは!

このご時世だからこそ副業、投資に興味を持っている方は多いですよね?
今回は僕が今オススメしているサイレントワーカーの不労所得マシンと不動産投資を比較してお話させていただこうと思います(*´-`)

不動産とは?
不動産とは土地やそれに定着する建物(立木等も含む)を指します、例えばマンションの一画の駐輪場や貯水槽も『不動産』に含まれます(`・ω・´)
不動産営業時代は不動産=不動の財産と教わってきました、とてもいい響きですね(*´-`)
不動産はとても種類が多いです、アパート、マンション、一軒家、駐車場などなど…

不動産投資とは?
これは不動産を貸して収入を得る投資です。
(不動産投資信託のREITについては省略させていただきます。)
多くの方が銀行の融資を受けて始められますね、銀行によって金利や繰り上げ返済の場合の手数料などが大きく違う場合もありますので銀行選び大切になりますね(`・ω・´)
ひと昔前のイメージですと不動産投資=お金持ちにしか出来ない、と言う印象が強いですが今は全くそんなことはありません!
テレビでサラリーマン大家さん、なんて言葉を聞いた事がある人もいるのではないでしょうか(^_^*)?
今とひと昔前では不動産のあり方も大きく変わりました、バブルが崩壊して多くの不動産が不良債権になってしまったのが背景にあるのですが、今は不動産でお金を設けるのではなく不動産で老後の資産を作り私的年金を得るための目的で所有されている方が多いです、年金が当てにならないと言われている中で毎月5万でも6万でも退職した後に入ってきたら生活は大分違ってきますね(*´∀`*)

不動産投資に掛かる初期費用。
不動産投資に興味をお持ちの方は一番気になる所ですよね(*^_^*)
資金が潤沢にある事に越したことはないのですが、もちろん銀行から融資を受けれるのでお金がそこまで手元にない方も参入出来るチャンスはありますよ!
まず1500万のワンルームで投資を始めるとしましょう!
①頭金
大体物件の1割は見ていていいでしょう!
頭金を入れる事によってローンの額や金額を減らせるメリットがありますし、銀行の審査も、もちろん貯金がない人よりある人にお金を貸す傾向にあるので大きくプラスになると思います、頭金がなくても別途でローンを組む事が可能な場合もあります(*´∀`*)

②諸費用
もろもろの費用と書いて諸費用です!
ここは結構多いので少し注意深く読んでもらえればいいかと思います(笑)
まず登記費用、これは土地と建物が自分のものですよと言う証明になります、基本的には司法書士さんに委託する事が多いです、概算で30万くらいでしょうか。
次に不動産取得税、不動産を取得すると一回こっきり掛かってくる税金になります。
特例で軽減される事もありますがざっくり20万としておきましょう(`・ω・´)
その他、火災保険料や印紙税、仲介手数料等これも概算にはなりますが50万程でしょうか。

合計で200万程度ですね(*´∀`*)
想像より少なかったと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
安定した所得がある方にはかなりオススメ出来る副業と呼べるかもしれません(*´-`)
所有する不動産の平米数や築年数、都道府県、市町村にのよっても前後がありますのでご容赦ください。

不動産投資のメリット

これは何といっても不動産収入を得れる事ではないでしょうか(*´-`)
毎月入居者さんが居続ける限り何もしなくても入って来ると。
毎月の収入でローンを返済して行けるのもメリットと呼べますよね、あとは意外と知らない人もいるのかもしれないですが税金が減らせる(節税)になるという事です!
所得税は還付、住民税は減額になります、税金が高いと嘆いてる方にも嬉しいですよね(*´∀`*)
経営者の方に不動産を所有している人が多いのも頷けますね?

不動産投資のデメリット
不動産のデメリットとリスクをお話させて頂きます!
まずは手続きの多さは、かなり辛い所があると思います、不動産の売買の契約だけではなく金融機関との金銭消費貸借契約などとてつもない量の書面で説明を受けてとてつもない量の書面に記名、押印が必要になることが予想されます(笑)
不動産を所有すると掛かってくるコストがあります、毎年掛かってくる固定資産税、及び毎月掛かってくる修繕費(-_-)
減らせる税金もあるのですが掛かってくる税金もあるのは少し残念ですね…
リスクとしてはやはり空室リスクではないでしょうか?
入居者さんがいないと毎月ローンの支払いだけが残りますからね、外国人の入居を可能にするや、ペット可、家具付きなどリスクを減らす方法は何通りもありますが0に出来ないのが辛い所ですね(T_T)
これから人口が減り続ける日本なので外国の方が住むのは当たり前になりそうですが、少し怖くもありますね。

サイレントワーカーの不労所得マシン

それでは最後にサイレントワーカーの不労所得マシンのお話をさせていただきます(`・ω・´)
全て機械が仕事を代行してくれていると言うのはすごく安心ですね、まずミスがないし機材トラブルがあってもその道のプロが対応してくれると(*´∀`*)
不労所得と言う点において非常に不動産収入と近いものがあるという事ですね、大きく違うのは入居者と言う条件があるかないかという所ではないでしょうか(*´-`)?
入居者の心配をせずに収入が取れるのは大きなメリットと呼べますね?
リスク、デメリットを回避出来ている。
実務がないのに越したことはないですよね?
不動産の場合どこかが壊れて修繕が必要になった場合にはオーナーに修繕義務が生じます(入居者が故意に破損させた物は除きます)給湯器なんかは結構、痛い出費になりますね(`・ω・´)
サイレントワーカーの場合は修繕費用が一切掛からないそうです!
これは嬉しいですね(*´∀`*)
では収入面はどうでしょうか?
東京でワンルームの投資をした場合に毎月1万円の収入があるとしましょう、固定資産税や修繕費用で大半は持って行かれてしまいます、マイナスになる可能性も0ではないですね!不動産は毎月の収入を得るというよりもローンの返済が終わった後の収入と言う形になるので今すぐ収入を増やしたい!という方には少し向かないかもしれないですね(`・ω・´)
サイレントワーカーの場合は一概には言えませんがサラリーマンの月収くらいの収入を得ている方もいるそうです!ようは働かなくても生活出来る程の収入を得ている方もいるって事ですね!

この2つの副業を紹介させてもらって僕が感じた事を最後にお話させてもらいます(`・ω・´)

資産を分散させる事によるリスクヘッジの重要性。
今お金を稼ぎたいからサイレントワーカー、老後が心配だから不動産、と言った偏った考えは持たないで欲しいです、今すぐお金が欲しい!って方は多いと思いますがだからといって未来を疎かにしてはいけません(*´-`)
しっかりとした考えも持って自分に合った出来る副業を考え、行動に移して行くのが大切なのではないでしょうか?
どちらも魅力的な副業だと思いますので皆さん何かプラスになれば嬉しいです(`・ω・´)

 

FXの取引の失敗から稼ぎ方を学ぶ

FXでは、損失が生じる事は多々あります。現にFXの初心者の方々は、たいてい損失を経験しています。自分なりにレートを分析してみたものの、損失になってしまう事もあるでしょう。その損失には、実は色々なヒントが隠されています。

FXの損失経験から利益を得る方法を学ぶ

確かに損失が生じれば、お金は減ってしまいます。FXの業者に10万円ぐらい預けたのに、取引で失敗してしまった結果、4万円ぐらいに減ったという話もよくあります。もちろん多くのお金を預けていれば、損失額も大きくなってしまいます。
ところでFXの取引をした方は、9割ぐらいは損しているというデータもあるのです。9割ぐらいは、マーケットから撤退しているというデータもあります。ですからFXで利益を得るのは、決して簡単ではありません。
もちろん残り1割の方々は、FXでお金を稼いでいます。きちんと取引すれば、利益を生み出す事も可能なのです。そこは本人次第です。
どうすればお金を稼げるようになるかというと、損失から学んでみる方法があります。逆の発想をしてみると、取引のヒントを得られる事も多いです。

失敗した取引と逆の事をしてみる

例えばある時のユーロのレートは、130.5円だったとします。今後はユーロのレートは上昇すると予想し、買い注文しました。
ところが予想に反して、ユーロは下落してしまいました。129.5円にまで下がったので、やむを得ずに損切りしました。もちろん、この場合は1円分の損失になってしまいます。
ところでFXの場合は、その逆の注文も可能です。130.5円の時に買う方法もあれば、売る選択肢もあります。
売りから入れば、もちろん1円分の利益になるでしょう。FXで1円分の利益は、かなり大きい方です。
つまり、逆の発想をしてみる訳です。130.5円の時に買うべきという発想にこだわっていると、なかなか利益が発生しない事もあります。そうではなく、130.5円の時に売るという発想をしてみる訳です。
上記のように「損失と逆の取引をしてみれば、利益になっていた」というケースはよくあります。それを考慮すると、損失経験は大いに意味があるのです。損失の経験から、新たな取引の発想を学べる事もあるでしょう。
幸いにもFXでは、取引履歴を確認する事もできます。過去に損失が生じているなら、それも取引履歴で見れるようになっています。
もしもFXの利益率が今一つな時は、その取引履歴を見返してみると良いでしょう。逆の発想で取引履歴を見てみると、学べる点も多々あります。

 

専門知識がなくても無理なく学ぶことができるサイレントワーカー(Silent Worker)

サイレントワーカー(Silent Worker)は、幅広いレベルの方に対応しています。専門書のように、ハイレベルな知識が求められる訳ではありません。どのようなレベルの方でも知識を効率良く学べるのは、サイレントワーカー(Silent Worker)のメリットの1つです。サポートも充実していますし、サイレントワーカー(Silent Worker)は買ってみる価値はあります。

難しい知識は求められないサイレントワーカー(Silent Worker)

サイレントワーカー(Silent Worker)以外の方法で知識を学ぶ場合、少々ハイレベルな知識が求められる事があるのです。分かりやすい例は、大学の専門書です。大学で使用するテキストは、決して万人向けではありません。最低限の基礎知識を覚えていないことには、とても理解できません。
しかしサイレントワーカー(Silent Worker)は、そうではないのです。大学で使っている専門書とは全く性質が異なりますし、サイレントワーカー(Silent Worker)は幅広いレベルの方に対応しています。専門的な知識がなくても学べるのは、サイレントワーカー(Silent Worker)の大きな魅力の1つなのです。

初心者でも無理なく学べるメリット

例えばサイレントワーカー(Silent Worker)があるとします。読者は、必ずしも詳しいとは限りません。それだけに専門書で知識を覚えようとしても、なかなか難しい事があるのです。市販の書籍は、必ずしも基礎的なレベルから解説しているとは限りませんから、注意が必要です。
ところがサイレントワーカー(Silent Worker)の場合は、専門知識まで詳しく解説してくれています。もともとはサイレントワーカー(Silent Worker)は、万人向けに作られているからです。今までに全く経験した事がなくても、スムーズに頭に入る内容になっています。初心者でも知識を学べるのは、サイレントワーカー(Silent Worker)の大きな魅力の1つです。
サイレントワーカー(Silent Worker)は分かりやすく書かれています。

発行者の丁寧なサポートを受けられる

またサイレントワーカー(Silent Worker)には、発行者によるサポートもあるのです。基本的には、WEBでサポートを受ける事になります。
サイレントワーカー(Silent Worker)には、発行者のメールアドレスも明記されています。サイレントワーカー(Silent Worker)を読んでいて不明点が出てきた時でも、そのアドレスに質問を送信してみると、たいてい丁寧に答えてくれるのです。
しかも発行者は、分かりやすさを心がけてくれます。メールで問い合わせする人物の目線も考えて、とても丁寧に回答してくれるのは助かります。
またメールやチャットなどのサポートは、返信が来るのも早いです。メールの返事が数日かかるような事は、まずありません。スムーズに回答を得られるだけに、不明点も解決しやすいです。