FXとは外国為替証拠金取引ということになりますが、これは名前の通り、外国の為替を取引することになります。もちろん、それは日本円も含めて、ということになります。
利益の出し方はいくつかあるのですが一つは差益を狙うということです。要するに取引をすることによって利益を出すということです。FX取引の基本となることは安く買って高く売るということであり、或は高く売って安く買うということになります。これがどんな取引にもいえることではありますがFXでもいえることになります。
これがまずは狙う人が多いやり方であり、一般的に最も利益がでる可能性があるやり方になります。
もう一つが金利によって利益を得ることです。ご存知の通り、日本では既に金利というのは地を這うような状態になっているといえます。1%もないような金利ですから大金を預けたとしてもたいした金額にならないことになってしまっていま。しかし、海外ではまだまだ政策金利が高いところも多くあります。そうしたところの通貨にFXで両替しておき、利息を受け取るという方法によって利益を出すという方法もあります。
基本的にはこの二つが利益の出し方になります。後者のほうが金利によって利益を出すということですからどうしても安定しているというイメージがあると思うかもしれませんが実は別にそんなことはありませんから注意しておきましょう。基本的にレバレッジをかけることによって自分の資金以上の取引ができるということになりますのでそこに利点がある取引です。ですから、金利を受け取るというようなことになっても基本的にはレバレッジをつけて大きく金額を膨らませてさらに利息を高くしようと考えて取引をするのが一般的です。その為、別にリスクが低いというわけではありませんのでそのあたりのことを勘違いして取引をしないようにしましょう。
この手の取引をするためには業者にまずは口座を作る必要性があります。FX業者を選ぶということになりますが、実はこれがなかなか大変でもあります。手数料に関することもありますし、安定しているシステムを提供してくれるのか、ということも重要であったりします。ちなみに日本ではレバレッジは25倍まで、ということになっていますが、海外業者を使うことによってその制限はクリアすることができるようになっています。しかし、当然ですがリスクは高くなりますから、自己責任ということで理解しておきましょう。