FXは、利益の取り方は色々あります。1回分の利益額を大きくするやり方もあれば、その逆もあるのです。細かく利益を取っていくやり方もありますが、取引の手間などを考慮しますと、大きく稼いでいく方が望ましいという声も多いです。

1回あたりの利益額も色々ある

FXで取引していれば、利益が発生する事は多々あります。例えば1ユーロ130円の時に買い注文して、130.5円になってくれました。この時に売り決済をすれば、もちろん0.5円分の利益になる訳です。
0.5円分だけではなく、1円分や2円分などで利益を取っていくやり方もあります。つまり131円になった時に売り決済をするか、132円の時に決済する方法もあるのです。
FXのやり方は、1つだけではありません。色々と試行錯誤を繰り返しているFXトレーダーも多いです。

大きく稼いでいくやり方

2円分であれば、一気に大きく稼ぐ事ができます。そもそもユーロという外貨の場合、1日あたり1円ぐらいしか動かないケースが多いです。にもかかわらず2円ぐらい動いているのは、かなりの利益額になるでしょう。
一気に大きく稼ぐ事ができれば、損失分を取り戻せるという声もあります。ですから0.5円分などで細かく利益を稼ぐよりも、かえって2円分の利益を取りに行く方が望ましいと言われています。

利食い幅を広くすれば損失分も取り戻せる

そもそも外貨のレートは、常に上昇し続けてくれる訳ではありません。上記のように131円や132円になってくれれば、確かに利益は発生します。もちろん、その逆もあるのです。129円や127円などに下がってしまう事もありますから、注意が必要です。
127円にまで下がる可能性があるなら、やはり損切りの注文も入れておく必要があります。損切りを怠ってしまいますと、損失率も高まってしまいますから、十分注意を要します。
損切りも考慮しますと、一気に大きく稼ぐ方が望ましい一面もあります。例えば損切り幅を0.3円程度に設定しておき、利食い幅は2円ぐらいに設定してみる訳です。損切り幅が0.3円というのは、かなり狭い方です。損失が発生する頻度も多くなりますが、一気に2円ぐらい稼ぐ事もできます。
つまり何回か損失が発生しても、十分な利益を取れる訳です。一気に大きく稼げるのであれば、多少の損失は十分に取り戻せるという声も根強いです。
なお上述の2円という利食い幅は、あくまでも一例になります。1.3円や1.7円など、色々な利食い幅を試しているトレーダーも多いです。